切斑・切生(読み)きりふ

大辞林 第三版の解説

きりふ【切斑・切生】

白羽に幾筋かの黒いまだらがある鷲わしの尾羽。また、その尾羽で作った矢羽根。大切斑・小切斑・薄切斑などの種類がある。 → 矢羽根

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きり‐う ‥ふ【切斑・切生】

〘名〙
鷲の尾や翼の羽の斑で、褐色と白が緂(だん)をなしたもの。矢羽に用いる。鷲以外は鳥の名を加えて鷹の切斑などという。その形や濃淡によって、大切斑、小切斑、薄切斑、逆切斑など種類が多い。
※平家(13C前)七「金作(こがねづく)りの太刀をはき、きりうの矢おひ」
② 斑(ふ)のある草木の葉。
※草根集(1473頃)一二「太山には落つるかいざや鷲の羽のきりふの薄(すすき)秋風ぞ吹く」
③ 草を刈り切った土地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android