コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切韻考 せついんこう Qie-yun-kao

1件 の用語解説(切韻考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切韻考
せついんこう
Qie-yun-kao

清末の学者陳 澧 (ちんれい) 著。内編6巻,外編3巻。道光 24 (1844) 年刊。『広韻』の反切を系連法で整理分類した研究書。中古漢語声母は,それまで考えられていた『韻鏡』の三十六字母では不十分であり,歯音の照穿牀審の各字母を2分し,また喉音の喩母も2分すべきことなどを説き,結局声類 40,韻類 311を認めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切韻考の関連キーワード陳澧馬建忠椿嶺典麗ノンレイオフイオンレイクタウンぎんれいくんサンレイク草木レインレイン・ボウ川北丹霊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone