コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切韻考 せついんこうQie-yun-kao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切韻考
せついんこう
Qie-yun-kao

清末の学者陳 澧 (ちんれい) 著。内編6巻,外編3巻。道光 24 (1844) 年刊。『広韻』の反切を系連法で整理分類した研究書。中古漢語の声母は,それまで考えられていた『韻鏡』の三十六字母では不十分であり,歯音の照穿牀審の各字母を2分し,また喉音の喩母も2分すべきことなどを説き,結局声類 40,韻類 311を認めた。系連法は,その適用結果の解釈に一貫性を欠く欠陥はあるものの,その方法を考え出し,『広韻』の反切そのものの分析を行なった功績は高く評価される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

切韻考の関連キーワード音韻学陳澧