コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初井しづ枝 はつい しづえ

1件 の用語解説(初井しづ枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初井しづ枝 はつい-しづえ

1900-1976 大正-昭和時代の歌人。
明治33年10月29日生まれ。結婚後作歌をはじめる。大正15年「日光」に参加して北原白秋に師事し,のち宮柊二(しゅうじ)の「コスモス」創刊にくわわった。昭和46年「冬至梅」で読売文学賞。昭和51年2月15日死去。75歳。兵庫県出身。旧姓は井上。本名はしづ江。歌集に「花麒麟(きりん)」「藍(あい)の紋」など。
【格言など】今し征く吾が子いづれぞ兵列のあまたの顔のゆきすぐるのみ(「花麒麟」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

初井しづ枝の関連キーワードブルガリア文学冒険小説オリンピック丹下左膳川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドームアイヌ語学習塾座散乱木遺跡

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone