コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初井しづ枝 はつい しづえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初井しづ枝 はつい-しづえ

1900-1976 大正-昭和時代の歌人。
明治33年10月29日生まれ。結婚後作歌をはじめる。大正15年「日光」に参加して北原白秋に師事し,のち宮柊二(しゅうじ)の「コスモス」創刊にくわわった。昭和46年「冬至梅」で読売文学賞。昭和51年2月15日死去。75歳。兵庫県出身。旧姓は井上。本名はしづ江。歌集に「花麒麟(きりん)」「藍(あい)の紋」など。
【格言など】今し征く吾が子いづれぞ兵列のあまたの顔のゆきすぐるのみ(「花麒麟」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

初井しづ枝の関連キーワード10月29日初井 しづ枝

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android