コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初井しづ枝 はつい しづえ

1件 の用語解説(初井しづ枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初井しづ枝 はつい-しづえ

1900-1976 大正-昭和時代の歌人。
明治33年10月29日生まれ。結婚後作歌をはじめる。大正15年「日光」に参加して北原白秋に師事し,のち宮柊二(しゅうじ)の「コスモス」創刊にくわわった。昭和46年「冬至梅」で読売文学賞。昭和51年2月15日死去。75歳。兵庫県出身。旧姓は井上。本名はしづ江。歌集に「花麒麟(きりん)」「藍(あい)の紋」など。
【格言など】今し征く吾が子いづれぞ兵列のあまたの顔のゆきすぐるのみ(「花麒麟」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

初井しづ枝の関連キーワード生田蝶介四賀光子伊藤生更大坪草二郎岡山巌川出宇人谷邦夫丹沢豊子野上草男松井如流

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone