冬至梅(読み)とうじうめ

精選版 日本国語大辞典の解説

とうじ‐うめ【冬至梅】

〘名〙 ウメの園芸品種。野生の梅の系統で冬至の頃に咲く。花は白で、中輪。枝は細く主に盆栽用に用いる。はやざきのうめ。はっさくばい。とうじばい。《季・冬》
※俳諧・新続犬筑波集(1660)一九「さくや此いまをはるべと冬至梅〈季吟〉」

とうじ‐ばい【冬至梅】

〘名〙 =とうじうめ(冬至梅)《季・冬》
※俳諧・増山の井(1663)一一月「冬至梅(トウジバイ)(〈注〉ムメ)」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android