コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期王朝時代 しょきおうちょうじだいEarly Dynastic Period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初期王朝時代
しょきおうちょうじだい
Early Dynastic Period

前3千年紀中頃,シュメール人によってバビロニアに初めて王朝が築かれた時代。最初の文字が出現した原文字期に続く最古の歴史時代で,前2千年紀の初期この時代の「シュメール王名表」がつくられ,諸王を「大洪水以前」と「大洪水以後」とに分けている。王名表では王朝を一系的に記しているが,これは事実ではなく,さまざまな王権が同時に共存していた。現在知られる最初の王朝はキシュ第1王朝,その後半頃からウルク第1王朝,次いでウル第1王朝が出現し,ウルの諸王とほぼ同時代に王名表には記されていないが,ラガシュの支配者が王朝を築いていた。これらの王朝は,ウンマのルガルザゲシによって制圧され,シュメールを統一した最初の帝国建設者の出現をもってこの時代は終わる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

初期王朝時代の関連キーワードマリ(シリアの都市遺跡)西・南アジア史(年表)城(軍事的構築物)古代オリエント文明メソポタミア建築ヒエラコンポリスメソポタミア美術古代社会(歴史)中東史(年表)シュメール美術冠(かんむり)ウル=カ=ギナウバイド遺跡バビロニア暦エシュヌンナメソポタミアウルカギナ新 規矩男ビュブロス青銅器時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android