初果(読み)しょか

精選版 日本国語大辞典「初果」の解説

しょ‐か ‥クヮ【初果】

〘名〙 仏語。声聞(しょうもん)の四果のうち、第一の預流果(よるか)須陀洹(しゅだおんか))のこと。修行の階位において、欲・色・無色の三界の見惑を断じつくして、はじめて聖者にはいった位。
今昔(1120頃か)一「て外道の門徒釈迦の御弟子と成て初果を得たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android