初湯(読み)はつゆ

精選版 日本国語大辞典「初湯」の解説

はつ‐ゆ【初湯】

〘名〙
① 生まれた子どもを初めて入れる産湯(うぶゆ)
万代(1248‐49)釈教「いにしへのみ代のはつゆにくみ初めて遠くすむべき我が寺の水〈良印〉」
② 新年最初の入湯。正月二日の入湯。初風呂。《季・新年》
※俳諧・沙金袋(1657)一「草木や初湯の雨に潤年〈善種〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の初湯の言及

【産湯】より

…3日めの産湯にはこのような儀礼的な意味があった。《三州奥郡産育風俗図絵》によれば,分娩して後産が出て,へその緒を始末してから生児を洗うのを〈初湯(はつゆ)〉または〈とりあげの湯〉といい,そのためには大すり鉢を用いた。三日の湯以後はたらいを用いたという。…

※「初湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android