コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柚湯 ユズユ

デジタル大辞泉の解説

ゆず‐ゆ【×柚湯】

冬至の日、ユズの実を入れて沸かす風呂。ひびあかぎれを治し、また、風邪の予防になるという。冬至湯。 冬》「―すや創(きず)を加へし胸抱いて/波郷
ユズを砂糖煮にし、その香りのついた砂糖湯を熱湯で薄めた飲み物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆずゆ【柚湯】

冬至の日、ユズの実を入れてわかす浴湯。この湯にはいると風邪を引かないという。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

柚湯の関連キーワード植物湯きず浴湯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柚湯の関連情報