産湯(読み)うぶゆ

世界大百科事典 第2版の解説

分娩後すぐに使わせる湯をいうが,以前は分娩直後の産湯と,3日めの湯を区別したようである。分娩直後の産湯の水は,けがれのあるものとして,太陽の当たらぬところ,産室の床下方角のよいところを選んで捨てた。捨て場所がわるいと生児が夜泣きするという俗信はひろく見られる。3日めに使わせる湯を,ウブユあるいはユゾメといい,これがすんではじめて里方からおくられたのある〈手通し〉という産着を着せて三日祝を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

生まれたばかりの赤ん坊を入浴させること。また、その湯。 -を使わせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生まれたての新生児につかわせる湯をいう。胎児には母胎の羊水内で皮膚に胎脂が付着しており、また出産の過程で血液などが付着する。これらを洗い落とす目的で用いる。通常は新生児用の浴槽を使うが、清潔なたらいなどを使用してもよい。湯の温度は夏季で38℃、冬季で40℃ぐらいが基準とされており、新生児への負担を軽減するため、手早く済ませるのが一般的である。[帆足英一]

民俗

出産直後に、産婆によって沐浴させる湯を普通には産湯とよんでいるが、地方によっては3日目の湯浴みせをユゾメとかウブユなどとよぶ所がある。高貴の人々の誕生習俗でも、3日目の沐浴を重視してさまざまな儀式を伴うので、このときの沐浴は儀礼的な面が大きいことがわかる。一般常民の間で、多くの土地に伝承されていることは、子供が生まれると普通は布裂(ぬのきれ)に包んでおいて、3日目の湯浴みせのあと初めてウブギとかテトオシとよぶ、袖(そで)のついた着物を着せる習わしのあった所が多い。新潟県の佐渡ではこの3日目に着せる着物を、ニンジュギモン(人衆着物)という。ニンジュとは、この地方で仲間ということ、すなわち人間の仲間入りして着る着物という意味である。産湯そのものにもしきたりが多いが、捨てる場所にも心を使って、日の当たらない所、産室の床下、方角をみて捨てるなどということがある。もしこの場所が悪いと子供が夜泣きをするという俗信もある。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 出産直後、産婆などが新生児を入浴させて洗うこと。また、その湯。うばゆ。
※小右記‐寛和元年(985)四月二八日「寅時降誕女子、巳時以鴨河水産湯、酉時始沐」
※名語記(1275)六「力の水を取て御うぶ湯にめされけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の産湯の言及

【飲料水】より

…大坂ではそうした井戸水はもっぱら洗水とし,飲水は水売から清澄な川水を買って使う家が少なくなかった。また,いわゆる江戸っ子が〈水道の水で産湯を使った〉などと自慢したのは,良質の井戸水を知らなかったためともいえるだろう。水のよかったことが京都で茶の湯を盛んにした一因でもあり,西洞院三条の柳水(やなぎのみず),四条東洞院の松本井,六条堀川の醒井(さめがい),北野の利休井などは名水の名をうたわれた。…

【トラ(虎)】より

…鞍馬寺では,戦国時代には,〈虎巻之法〉を修したことが知られ,〈虎之巻〉は毘沙門天の絵像とともに各地に配布されていたといわれる。【村下 重夫】
[医術,呪術]
 《紫式部日記》には,中宮彰子が出産した皇子の〈御湯殿の儀式〉(産湯)の際,〈虎のかしら宮の内侍とりて御さきにまゐる〉と記されている。中国隋代の《産経》に〈初湯の際,虎の頭を湯の中に漬して沐浴すると,児を無病にする〉とある。…

※「産湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産湯の関連情報