コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別居婚 ベッキョコン

デジタル大辞泉の解説

べっきょ‐こん【別居婚】

通い婚

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別居婚
べっきょこん

婚姻関係にある者が、住居を別にしたままで、それぞれ生活を続ける婚姻形態。互いの職場が離れていて物理的に同居できないケースや、介護が必要な親を抱えて同居がむずかしいケース、再婚の際に子供が自立するまでは同居を避けるケースなど、やむを得ない事情で別居婚を選択する場合が多い。こうしたケースは、将来は同居を目ざすと互いに同意した上での、一時的なやむを得ない別居婚であるといえる。それに対し、前向きに別居婚を選択するケースも増えている。互いのライフスタイルを尊重しあうために、あえて同居をしないという選択である。週末のみ同居するといった約束で結婚している場合は、とくに「週末婚」とよぶこともある。近年は働く女性が増え、職場が離れている場合など別居婚を選択するケースも珍しくなくなっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

別居婚の関連情報