利倍(読み)りばい

精選版 日本国語大辞典「利倍」の解説

り‐ばい【利倍】

〘名〙 利益が倍加すること。また、利息が利息を生み、元金がふえること。また、高利で貸して元金をふやすこと。
※太平記(14C後)一「富祐のが、利倍の為に畜積る米穀を」 〔白居易‐策林・一七・興五福銷六極〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「利倍」の解説

り‐ばい【利倍】

利益が倍加すること。利息が利息を生んで、元金のふえること。
「其金も―増長して確かに立派な学費になって」〈福沢福翁自伝
高利で貸して元金をふやすこと。
「―ヲスル」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android