コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利岡中和 としおか ちゅうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

利岡中和 としおか-ちゅうか

1888-1971 大正-昭和時代のキリスト教伝道者。
明治21年5月15日生まれ。日本聖公会信徒。陸軍経理学校を卒業。委託生として東京帝大在学中に軍籍を離脱。東京でしるこ店をひらき,伝道をはじめる。大正12年軍人を対象に「コルネリオ通信」を発行。13年コルネリオ会を結成した。昭和46年10月11日死去。83歳。高知県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

利岡中和

没年:昭和48.10.11(1973)
生年:明治21.5.15(1888)
軍人伝道に従事した日本聖公会信徒。高知県高岡郡上ノ加江村(中土佐町)の利岡行一の次男。明治38(1905)年大阪の川口基督教会で受洗。大正6(1917)年陸軍経理学校を卒業,東京帝国大学経済学部に陸軍委託学生として学ぶ。在学中に山室軍平の講演を聞き退官を決意,同9年軍籍を離脱,陸軍主計大尉だった。翌年東京府淀橋区柏木,その後丸ビル地下に汁粉店を開業,伝道集会の場とする。同12年に『コルネリオ通信』を創刊,陸軍の同期生を相手に伝道を始め,翌年軍人伝道を目指してコルネリオ会を創設。昭和16(1941)年応召により機関誌は休刊。このコルネリオ会の軍人伝道は,軍人義会との協力を得て進められ,キリスト教自衛官幹部会(日本OCU)に継承されている。<著作>『基督教秘話 志士横川省三氏之信仰』『真人横川省三伝』『日支事変下の軍人基督者(コルネリオ)』『戦争と平和』<参考文献>利岡和人編『利岡中和遺稿集』,峯崎康忠『軍人伝道に関する研究』

(大濱徹也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

利岡中和の関連キーワード利岡 中和昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android