コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山室軍平 やまむろぐんぺい

8件 の用語解説(山室軍平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山室軍平
やまむろぐんぺい

[生]明治5(1872).8. 岡山
[没]1940.3.13. 東京
宗教家。 14歳のとき上京して印刷工となり,16歳の頃キリスト教に入信。苦学しながら同志社英学校で神学を学び,卒業後,岡山孤児院で働き,伝道に努めた。 1895年に来日したイギリス救世軍司令官 E.ライトを訪問,のち入隊し,日本救世軍の創設に力を尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまむろ‐ぐんぺい【山室軍平】

[1872~1940]宗教家。日本救世軍の創立者。岡山の生まれ。明治28年(1895)英国救世軍の来日を機に救世軍に入り、廃娼運動職業紹介・医療など社会福祉の向上に尽力した。社会鍋を創始。著「平民の福音」など。→救世軍

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山室軍平【やまむろぐんぺい】

日本救世軍の創立者。岡山県出身。農家に生まれ,印刷工となったが,路傍伝道をきいて入信,同志社に学んだ。救世軍が日本に伝わると直ちにこれに加わり,日本救世軍の形成発展に生涯を捧げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山室軍平 やまむろ-ぐんぺい

1872-1940 明治-昭和時代前期の伝道者。
明治5年8月20日生まれ。東京で印刷工のときキリスト教に入信。伝道学校をへて同志社でまなぶ。明治28年救世軍にはいり,大正15年日本人初の司令官となる。明治33年廃娼運動を,42年歳末慈善鍋を開始したほか職業紹介,児童保護,結核療養所建設などの社会事業につくした。昭和15年3月13日死去。69歳。岡山県出身。著作に「平民の福音」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山室軍平

没年:昭和15.3.13(1940)
生年:明治5.8.20(1872.9.22)
救世軍日本司令官。岡山県哲多郡則安村(哲多町)の中農の家に生まれる。幼少のころ,家が貧窮し養子に出される。明治19(1886)年養家を出奔し,築地活版製造所で印刷工として働く。同20年基督教の路傍伝道に接して入信。築地の伝道学校を経て同志社に学ぶ。信仰上の救いと現実生活の関係をめぐって苦悩するなか,岡山で石井十次に出会う。同志社を中退し,岡山孤児院の手伝いなどをしたのち,同28年に救世軍入軍。以後,廃娼運動,セツルメント事業などに尽力。大正15(1926)年には救世軍司令官となった。この間,明治33年に遊郭側の暴力団に襲われる事件が発生したが,新聞界の支援を受け廃唱運動は広がった。明治32年に刊行した主著『平民の福音』は立志伝・職分論でもある。救世軍士官に任命されたとき,月6円で生活できるからと,8円の月給を辞退した生真面目な人。『山室軍平選集』がある。<参考文献>三吉明『山室軍平』

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまむろぐんぺい【山室軍平】

1872‐1940(明治5‐昭和15)
宗教家。日本における救世軍の建設・発展に尽くした。岡山県の山村に生まれ,上京して活版工となり,キリスト教の路傍伝道に導かれて15歳のとき入信,徳富蘇峰から新島襄を知り,17歳から22歳まで同志社で苦学して神学を学んだ。いったん伝道師となったが,23歳で救世軍に入り,その下足番から発足して,全生涯を救世軍の発展に献身し,東洋最初の救世軍司令官に任ぜられ,世界にも数少ない中将に昇進した。彼の説教は熱弁かつ重厚,つねに人の肺腑をつく迫力をもって知られ,平明にして庶民の実生活に即したその著《平民の福音》は実に490版を重ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまむろぐんぺい【山室軍平】

1872~1940) 宗教家。岡山県生まれ。1895年(明治28)英国救世軍来日を機に入隊。日本救世軍の創設・発展に尽力。廃娼運動・禁酒運動などに活躍。著「平民の福音」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山室軍平
やまむろぐんぺい
(1872―1940)

日本救世軍の創立者。わが国の代表的大衆伝道者の一人。岡山県の農家に生まれる。1887年(明治20)上京して印刷工となり、キリスト教の街頭伝道に触れて入信する。苦学しながら新島襄(にいじまじょう)を慕って同志社に学ぶ。救世軍の事業たる労働者セツルメント、廃娼(はいしょう)運動、禁酒運動、職業紹介、病院・療養施設などを通して社会福祉の向上に大きな貢献をした。山室の創意による社会鍋(なべ)の相互扶助募金活動は、現在でも大都市の歳末風物詩として広く親しまれている。彼の意図は、キリスト教の福音(ふくいん)を下層労働者、一般庶民に、具体的・現実的方法によって伝えようとするものであった。その多くの著作も単純平易な福音の力強い説き明かしを特徴とする。代表作に『平民の福音』(1899)、『山室軍平選集』全11巻。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山室軍平の言及

【救世軍】より

…在来の教会では対処しえない社会的ニーズに即応するその進撃的態度は,めざましい活力を発揮し,ロンドンに万国本営を置き,各国に本営,連隊,小隊,分隊等の組織をもつ国際的団体へと発展した。 1895年,ライト大佐一行の来日によって日本救世軍が創立され,《ときのこえ》を発刊し,山室軍平がその最初の士官候補生として挺身した。その教義の特色は改悛による聖潔生活の厳守にあり,霊魂の不滅,からだのよみがえり,世の終りの総審判,正しき者の永遠の幸福および悪しき者の永遠の刑罰を信ずるオーソドックス信仰に拠っている。…

※「山室軍平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山室軍平の関連キーワード哲多〈町〉岡山県新見市哲多町老栄岡山県新見市哲多町大野岡山県新見市哲多町荻尾岡山県新見市哲多町田淵岡山県新見市哲多町成松岡山県新見市哲多町花木岡山県新見市哲多町本郷岡山県新見市哲多町矢戸植村益蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山室軍平の関連情報