利覚(読み)りかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

利覚 りかく

?-1611 織豊-江戸時代前期の僧。
浄土宗。武蔵(むさし)の人。江戸増上寺の円也に師事してその法をつぎ,赤坂浄土寺の中興となる。のち鮫河橋(さめがはし)に一行院をひらいたとされる。千日供養をつとめたため,この一帯は千日谷とよばれるようになったという。慶長16年3月5日死去。俗姓豊島。号は源蓮社本誉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android