コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制がん剤の副作用 せいがんざいのふくさよう

知恵蔵の解説

制がん剤の副作用

制がん剤(抗がん剤)は細胞の増殖に直接働くため、他の薬と比べると副作用が強く出る。白血球や赤血球が減少する骨髄障害、消化管の障害による嘔吐や下痢、皮膚細胞の障害による脱毛、腎細胞の障害による腎機能障害など。特に、肺がんに効果的な化学療法剤として認可された「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)の服用者に重篤な副作用による死亡者が続出し、社会的問題となった。制がん剤の本来の働きと直接間接的に結びついているため、副作用のない化学療法は困難であるが、次のような対策が取られている。(1)標的を絞った制がん剤の開発、(2)有効性を生かし副作用を抑えた治療プロトコルの確立、(3)制がん剤に習熟した臨床腫瘍専門医の養成、(4)ゲノム解析によるオーダーメード治療、(5)副作用を抑える薬剤の開発、など。

(黒木登志夫 岐阜大学学長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

制がん剤の副作用の関連キーワード制がん剤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android