コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制度的家族から友愛的家族へ せいどてきかぞくからゆうあいてきかぞくへfrom institution to companionship

1件 の用語解説(制度的家族から友愛的家族への意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制度的家族から友愛的家族へ
せいどてきかぞくからゆうあいてきかぞくへ
from institution to companionship

E.W.バージェスが家族形態の歴史的変化の過程をとらえて表現した言葉。家族が古い慣習や家制度から解放されて,純粋な人間集団になっていく過程は,家族が近代化すればするほど進展する。まず基本的には一組の男女の愛情に基づく結合を出発にして家族集団が成立し,さらに親子が愛情によって結ばれ,内部の人間関係は相互の人格の尊重を前提にした平等の関係にもなってくる。こうした過程を彼は,制度としての家族に対し,友愛としての家族はその結合が相互の愛情に基礎をおく親しい結びつきを特色としているとみなした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone