コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前九年合戦絵巻 ぜんくねんかっせんえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前九年合戦絵巻
ぜんくねんかっせんえまき

前九年の役を描いた絵巻。現在文化庁保管本と東京国立博物館保管本の2種が伝存前者は 13世紀中期の作で1巻,後者戦役の発端部の絵のみが残り,14世紀初期の作。ともに紙本着色。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前九年合戦絵巻
ぜんくねんかっせんえまき

絵巻。平安末期の前九年の役に取材したもの。2本が伝わり、国立歴史民俗博物館の一巻(重文)は、逸脱箇所があるが、合戦初期の場面を多く残す。鎌倉時代、13世紀中期にさかのぼる制作とみられ、手堅い描写を用いて古様な作風が支配的。東京国立博物館の一巻は絵のみの短い残欠本で、図様が歴博本に酷似する箇所もあるが、鎌倉後期(14世紀)の画風を示している。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

前九年合戦絵巻の関連キーワード陣太鼓陣幕陣笠面具

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android