国立歴史民俗博物館(読み)こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立歴史民俗博物館
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

日本の歴史と文化について総合的に研究し,展示する博物館大学共同利用機関として 1981年に創設,1983年に開館した。歴史学考古学民俗学の三分野の統合的な研究を行なうことを目的とする。歴史,考古,民俗,情報資料の 4研究部に分かれ,それぞれ部門ごとに専門家を置いた。大川天顕堂銭貨コレクションや秋岡武次郎古地図コレクションなどの実物資料がある。国宝や重要文化財を含む。2004年,大学共同利用機関法人である人間文化研究機構の一組織となり,研究部を改組した。所在地は千葉県佐倉市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐れきしみんぞくはくぶつかん〔‐レキシミンゾクハクブツクワン〕【国立歴史民俗博物館】

千葉県佐倉市にある、歴史・考古学・民俗学分野に関する博物館。大学共同利用機関の一つとして設置され、研究と資料の収集保管・展示を行う。昭和58年(1983)開館。歴博

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国立歴史民俗博物館【こくりつれきしみんぞくはくぶつかん】

千葉県佐倉市にある日本で唯一の国立の歴史博物館。通称,歴博。1983年3月に開館。原始・古代から近代に至るまでの歴史と日本人の民俗世界をテーマに,日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する。同館はまた,大学共同利用機関として,大学教員その他の関係研究者が,歴史学・考古学及び民俗学に関する研究を行う共同研究機関としての役割をもち,諸大学の要請に応じ,各大学の大学院生で歴史学・考古学・民俗学などに関する分野を専攻する者を特別研究学生として受け入れ,必要な研究指導を行っている。2004年度から国立民族学博物館などとともに,大学共同利用機関法人〈人間文化研究機構〉を構成する機関の一つとなった。
→関連項目芦原義信国文学研究資料館文部省

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こくりつれきしみんぞくはくぶつかん【国立歴史民俗博物館】

日本の歴史・考古・民俗学に関する大学共同利用機関。調査・研究のほか、資料・遺物・民具の収集と保管・展示を行う。千葉県佐倉市城内町(佐倉城跡)に1983年(昭和58)開館。2004年(平成16)大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館に移行。通称、歴博。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

こくりつれきしみんぞくはくぶつかん 【国立歴史民俗博物館】

千葉県佐倉市にある歴史博物館。昭和58年(1983)創立。略称「歴博」。原始・古代から現代までの日本の歴史・民俗に関する研究を行い、関連資料を展示する。
URL:http://www.rekihaku.ac.jp/
住所:〒285-0017 千葉県佐倉市城内町117
電話:043-486-0123

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立歴史民俗博物館
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

国立大学法人法に基づいて設置された、大学共同利用機関法人人間文化研究機構を構成する研究機関。千葉県佐倉市佐倉城(じょうし)に所在する、歴史・考古・民俗学分野の博物館機能をもつ研究・教育機関である。学術研究の発展と、資料の公開を通じた市民に対する教育活動を推進するために、1981年(昭和56)に設置され、1983年開館。2004年(平成16)に法人化され、人間文化研究機構の構成機関となった。英語名はNational Museum of Japanese History、略称は「歴博(れきはく)」。初代館長は井上光貞(いのうえみつさだ)
 国立歴史民俗博物館の機能は以下に記述する通り、多岐に及ぶ。歴史資料・情報の収集、整理、保存、調査研究を担い、市民や研究者への提供(展示、出版、データベース)、さらには大学共同利用機関として多様な共同研究を国内外の研究者との連携のもとに行っている。また総合研究大学院大学文化科学研究科の日本歴史研究専攻課程をもち、次代を担う研究者の育成にも努めている。
 常設展示室は、第1展示室(原始・古代)、第2展示室(中世)、第3展示室(近世)、第4展示室(民俗)、第5展示室(近代)、第6展示室(現代)と、計六つある。これらの展示室は、最新の研究成果や変動する現代社会を反映させるため、2008年より、順次リニューアルをしている。また企画展示室では、期間を限って「アジアの境界を越えて」(2010)や「大ニセモノ博覧会―贋造(がんぞう)と模倣の文化史―」(2015)など、ユニークな企画展示が行われてきた。[落合知子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こくりつ‐れきしみんぞくはくぶつかん ‥レキシミンゾクハクブツクヮン【国立歴史民俗博物館】

大学共同利用機関の一つ。歴史・考古学・民俗学の分野に関する博物館。昭和五八年(一九八三)開館。千葉県佐倉市にある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国立歴史民俗博物館の言及

【歴史民俗博物館】より

…一定の地域の歴史と民俗についての史資料を収集・研究して一般に公開する博物館。日本には,文部省直轄の機関として国立歴史民俗博物館があり,ほかに各地に〈郷土史料館〉〈民俗資料館〉などとよばれる公立・私立のその種の施設が多数ある。また欧米各国にも歴史上の遺物・文書や民族・民俗資料を展示する,国立その他の博物館が多く,なかでもベルリンのドイツ民俗博物館Museum für Deutsche Volkskunde(1889創設)が名高い。…

※「国立歴史民俗博物館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立歴史民俗博物館の関連情報