コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立歴史民俗博物館 こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

6件 の用語解説(国立歴史民俗博物館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立歴史民俗博物館
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

千葉県佐倉市の佐倉城址に所在する博物館。 1981年に創設,83年に開館した。文部科学省所轄の国立大学共同利用機関で,歴史,考古,民俗学の各分野三位一体の研究センターとなっている。歴史,考古,民俗,情報資料の4研究部に分れ,それぞれ部門ごとに専門家を置いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐れきしみんぞくはくぶつかん〔‐レキシミンゾクハクブツクワン〕【国立歴史民俗博物館】

千葉県佐倉市にある、歴史・考古学・民俗学分野に関する博物館。大学共同利用機関の一つとして設置され、研究と資料の収集、保管・展示を行う。昭和58年(1983)開館。歴博。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国立歴史民俗博物館【こくりつれきしみんぞくはくぶつかん】

千葉県佐倉市にある日本で唯一の国立の歴史博物館。通称,歴博。1983年3月に開館。原始・古代から近代に至るまでの歴史と日本人の民俗世界をテーマに,日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する。
→関連項目芦原義信国文学研究資料館文部省

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こくりつれきしみんぞくはくぶつかん【国立歴史民俗博物館】

日本の歴史・考古・民俗学に関する大学共同利用機関。調査・研究のほか、資料・遺物・民具の収集と保管・展示を行う。千葉県佐倉市城内町(佐倉城跡)に1983年(昭和58)開館。2004年(平成16)大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館に移行。通称、歴博。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の美術館・博物館INDEXの解説

こくりつれきしみんぞくはくぶつかん 【国立歴史民俗博物館】

千葉県佐倉市にある歴史博物館。昭和58年(1983)創立。略称「歴博」。原始・古代から現代までの日本の歴史・民俗に関する研究を行い、関連資料を展示する。
URL:http://www.rekihaku.ac.jp/
住所:〒285-0017 千葉県佐倉市城内町117
電話:043-486-0123

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立歴史民俗博物館
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

大学における学術研究の発展および資料の公開など、研究・啓蒙(けいもう)活動の推進に資するため、大学共同利用機関として1983年(昭和58)千葉県佐倉市城内町の旧佐倉城趾(じょうし)に開館した。研究・展示活動のほか、わが国の歴史資料、考古遺物、民俗民具資料の収集、保管、調査をも目的としている。さらに将来は、資料の系統的整備と情報ネットワークの充実により、研究者に情報提供サービスを行うことも計画している。沿革は第二次世界大戦前の国史館構想にさかのぼるが、幾多の曲折を経て、1977年文化庁の博物館として建設に着手、その後、古代史家の井上光貞(みつさだ)が設立準備室長となって、文部省学術国際局所轄の研究機関に管轄替えを行った。また、2001年(平成13)省庁再編により、文部省と科学技術庁が統合されて文部科学省となったのに伴い、同省の研究振興局所轄となった。
 設置の2年後に公開した展示部門では、一般的な教科書風の通史概説を避け、各時代の生活史関係を中心とする13のテーマを柱として、原物資料、複製品、模型、パネルなど、最新の展示技術を駆使して日本歴史の流れと日本人の生活世界を構成している。収集史料には、国宝の宋版(そうはん)『史記(しき)』、『漢書(かんじょ)』などの典籍や、『額田寺伽藍並条里図(ぬかたでらがらんならびにじょうりず)』、町田本『洛中洛外図(らくちゅうらくがいず)』、林家(はやしけ)本『江戸図屏風(びょうぶ)』、『堺(さかい)大絵図』、秋岡古地図コレクションなど古地図・都市図に特色をもつ。4万点に近い大川天顕堂(おおかわてんけんどう)銭貨コレクションや野村正治郎(のむらしょうじろう)衣裳(いしょう)コレクションも著名である。大阪府の国立民族学博物館とは姉妹関係にあり、人的交流も活発である。[今谷 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国立歴史民俗博物館の言及

【歴史民俗博物館】より

…一定の地域の歴史と民俗についての史資料を収集・研究して一般に公開する博物館。日本には,文部省直轄の機関として国立歴史民俗博物館があり,ほかに各地に〈郷土史料館〉〈民俗資料館〉などとよばれる公立・私立のその種の施設が多数ある。また欧米各国にも歴史上の遺物・文書や民族・民俗資料を展示する,国立その他の博物館が多く,なかでもベルリンのドイツ民俗博物館Museum für Deutsche Volkskunde(1889創設)が名高い。…

※「国立歴史民俗博物館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国立歴史民俗博物館の関連キーワード夕日和暦あんたがたどこさおうまぞうさんたきび日本のエーゲ海、日本の死冬景色日本の台湾統治日本の大衆文化開放

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立歴史民俗博物館の関連情報