前島豊太郎(読み)まえじま とよたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「前島豊太郎」の解説

前島豊太郎 まえじま-とよたろう

1835-1900 明治時代の自由民権運動家。
天保(てんぽう)6年7月5日生まれ。静岡代言人(弁護士)を開業。明治12年大江孝之らと静陵社を結成,国会開設を主張。14年「東海暁鐘新報」を創刊し,民権思想の普及をはかる。同年舌禍事件により投獄された。明治33年3月13日死去。66歳。駿河(するが)(静岡県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android