前川定五郎(読み)まえかわ さだごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川定五郎 まえかわ-さだごろう

1832-1917 明治-大正時代の公共事業家。
天保(てんぽう)3年11月9日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)鈴鹿郡の人。鈴鹿川甲斐(かい)の渡し場が明治29年洪水でわたれなくなったため,私財寄付金で2度にわたり架橋。41年には長さ260m,幅3m余の「定五郎橋」を完成させた。大正6年5月16日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android