コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前打音 ぜんだおんappoggiatura

翻訳|appoggiatura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前打音
ぜんだおん
appoggiatura

倚音 (いおん) 」とも呼ばれる装飾音の一種。記譜の仕方はいろいろであるがバロック時代には主要音の前に特定の記号を用いるほか,8分音符を小さく書いて示すのが一般的であった。強拍で打たれ,主音符の半分ないしはそれ以上の音価を奪う場合のほか,主として3度進行の間にはさまれ弱拍で奏され,前の音符から音価を奪うものもあるが,これは経過的倚音と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんだ‐おん【前打音】

装飾音の一。ある音符に付随し、それに先だって短く奏される音。倚音(いおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんだおん【前打音】

装飾音の一。ある音の前に小さい音符で付加される。記譜と奏法はさまざまだがアクセントは常に前打音のほうにある。倚音いおん。アッポジアトゥーラ。フォアシュラーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前打音の関連キーワードアッポジアトゥーラスリ

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android