コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前打音 ぜんだおんappoggiatura

翻訳|appoggiatura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前打音
ぜんだおん
appoggiatura

倚音 (いおん) 」とも呼ばれる装飾音の一種。記譜の仕方はいろいろであるがバロック時代には主要音の前に特定の記号を用いるほか,8分音符を小さく書いて示すのが一般的であった。強拍で打たれ,主音符の半分ないしはそれ以上の音価を奪う場合のほか,主として3度進行の間にはさまれ弱拍で奏され,前の音符から音価を奪うものもあるが,これは経過的倚音と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんだおん【前打音】

装飾音の一。ある音の前に小さい音符で付加される。記譜と奏法はさまざまだがアクセントは常に前打音のほうにある。倚音いおん。アッポジアトゥーラ。フォアシュラーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

前打音の関連キーワードアッポジアトゥーラスリ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android