コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田利和 まえだ としよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利和 まえだ-としよし

1791-1839 江戸時代後期の大名。
寛政3年1月16日生まれ。前田利理(としただ)の孫。前田武宣の3男。前田利以(としもち)の養子となり,文化5年上野(こうずけ)(群馬県)七日市藩主前田家10代。養父利以の華美な生活による財政逼迫(ひっぱく)で宗藩の金沢藩から本家出入りを禁じられている。天保(てんぽう)10年11月22日死去。49歳。初名は孝恒。通称は隼人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android