前田利幹(読み)まえだ としつよ

美術人名辞典の解説

前田利幹

江戸後期の大名。第九代富山藩主。幼名は福十郎頼母。第五代加賀大聖寺藩主利通の子、第八代富山藩主利謙の養子。御蔵火の番や諸川修営、恵民倉や用心井戸の設置、また有力町民と結んで大久保野などの新開・商品作物の導入にあたるなど藩財政の再建に尽力した。天保7年(1836)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田利幹 まえだ-としつよ

1772*-1836 江戸時代後期の大名。
明和8年11月28日生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩主前田利道(としみち)の8男。前田利謙(としのり)の養子となり,享和元年越中富山藩主前田家9代。天保(てんぽう)7年7月20日死去。66歳。通称は頼母。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android