前田周助(読み)まえだ しゅうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田周助 まえだ-しゅうすけ

1798-1872 江戸時代後期の畜産家。
寛政10年生まれ。生地の但馬(たじま)水間村(兵庫県美方(みかた)町)で和牛を飼育し,但馬牛の名をたかめる。3歳の雌牛逸物を高値でかいいれて優良牛の生産に成功,周助蔓(つる)とよばれる血統をつくった。明治5年死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android