コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸物 イチブツ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぶつ【逸物】

いちもつ(逸物)」に同じ。
「この太刀、寸こそ短けれども、身においては―にてあるぞ」〈義経記・五〉

いち‐もつ【逸物】

群を抜いて優れているもの。特に、犬・牛・馬、または人などにいう。いちもち。いちぶつ。いつぶつ。
「犬は三頭が三頭ながら、大きさも毛なみも一対な茶まだらの―で」〈芥川・偸盗〉

いつ‐ぶつ【逸物】

いちもつ(逸物)」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぶつ【逸物】

いちもつ【逸物】

群を抜いて優れているもの。いちもち。いちぶつ。いつもつ。いつぶつ。 「乗たる馬…いみじき-にてありければ/宇治拾遺 1

いつぶつ【逸物】

いちもつ(逸物) 」に同じ。

いつもつ【逸物】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

逸物の関連キーワード掻い手折り樋口芳麻呂風葉和歌集散佚物語田中 貢無名草子前田周助直江木導口を切る心向き端張る上無し世の中究竟三頭尤物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android