コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

但馬牛 たじまうし

6件 の用語解説(但馬牛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

但馬牛
たじまうし

兵庫県の但馬地方に産する黒毛和種の肉用牛。在来和牛をブラウンスイス種などで改良したもので,黒毛の先がやや褐色を帯び,標準体高は雌 127cm,雄 139cm。肉質がよく,肥育によって肉繊維間に脂肪が沈殿して,いわゆる霜降り肉となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たじま‐うし〔たぢま‐〕【但馬牛】

但馬地方で古くから役肉兼用として飼養されてきた和牛。現在では、兵庫県が管理する種雄牛のみを交配に用い、同県内で生まれ、育成された黒毛和牛をいう。筋線維が細かく、上質の霜降り肉を産し、神戸ビーフ松阪牛近江牛などの銘柄牛素牛(もとうし)となっている。→たじまぎゅう

たじま‐ぎゅう〔たぢまギウ〕【但馬牛】

兵庫県内で繁殖・肥育・出荷された但馬牛(たじまうし)の肉で一定の基準に適合したもの。銘柄牛肉の一。但馬ビーフ
[補説]但馬牛(たじまぎゅう)の中でさらに一定の品質基準を満たすものが神戸ビーフとして認定される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

但馬牛(たじまぎゅう)

兵庫県で肥育される黒毛和種の牛、但馬牛(たじまうし)の牛肉で、一定の基準を満たしたもの。「但馬ビーフ」に同じ。地域団体商標

但馬牛(たじまうし)

兵庫県、主に但馬地方産の黒毛和種の牛。同地方で古くから育成されてきた役肉兼用の和牛で、高級牛肉として知られる神戸牛や松阪牛のもと牛となる。地域団体商標。この肉は「但馬牛(たじまぎゅう)」「但馬ビーフ」と呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たじまうし【但馬牛】

但馬国に産する代表的な和牛。毛色は黒。強健でよく使役に耐え、肉は美味。神戸牛。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の但馬牛の言及

【牛肉】より

…ロース部の肉の筋繊維の間の結合組織に脂肪が入りこんだものは霜降り(マーブリング)肉と呼ばれる。但馬(たじま)牛というのはこれらの銘柄牛の素(もと)牛の生産地としての地名により,神戸牛というのは過去においてこれらの銘柄牛の積出地としての地名による。乳牛(ホルスタイン種)の雄の子牛も肥育されて肉用となる。…

※「但馬牛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

但馬牛の関連キーワード兼用種ウーダン素牛穴馬かぶら金沢青かぶスウェーデンカブ名古屋コーチン[種]但馬地方の周産期医療但馬地域但馬銀行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

但馬牛の関連情報