コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田斉泰 まえだ なりやす

2件 の用語解説(前田斉泰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田斉泰 まえだ-なりやす

1811-1884 江戸時代後期の大名。
文化8年7月10日生まれ。前田斉広(なりなが)の長男。文政5年加賀金沢藩主前田家13代となる。公武合体を説き,禁門の変後,世子慶寧(よしやす)に謹慎を命じ,勤王派を処刑した。明治17年1月16日死去。74歳。初名は利候。通称は又左衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

前田斉泰

没年:明治17.1.16(1884)
生年:文化8.7.10(1811.8.28)
幕末の加賀(金沢)藩主。幕末の動乱期に第一の大藩として期待されながら動かず。禁門の変ののち,尊攘運動に関心を寄せていた世子慶寧に謹慎を命じ,その側近を処分した。慶応2(1866)年藩主の座を慶寧に譲る。状況に追随し,加賀百万石を保守した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

前田斉泰の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記前田斉泰チェコ文学光の科学史井上馨キンダー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前田斉泰の関連情報