コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前腕骨 ゼンワンコツ

デジタル大辞泉の解説

ぜんわん‐こつ【前腕骨】

上肢骨のうち、ひじから手首までの骨。小指側の尺骨と親指側の橈骨(とうこつ)とからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんわんこつ【前腕骨】

前腕を形成する骨。平行する二本の長骨からなり、親指側を橈骨とうこつ、小指側を尺骨という。前膊ぜんはく骨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前腕骨
ぜんわんこつ

(ひじ)から手首までの「前腕」の軸となっている2本の骨をいう。前腕骨は、小指側(内側)にある尺骨(しゃくこつ)と母指側(外側)にある橈骨(とうこつ)とからなる。自由下肢骨では、下腿骨(かたいこつ)がこれに相当する。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

前腕骨の関連キーワード前腕骨骨折宮古動物群橈骨骨折奇蹄類上腕骨偶蹄類前膊骨上肢骨骨格前腕長骨蝙蝠腓骨

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android