前野雄吉(読み)まえの かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前野雄吉 まえの-かつよし

1526-1601 戦国-織豊時代の武将。
大永6年生まれ。前野宗康(むねやす)の長男。前野長康(ながやす)の兄。織田信長につかえ,尾張(おわり)(愛知県)春日井郡柏井の小坂(おざか)氏の名跡をつぎ,織田信雄(のぶお)の守り役となる。吉田城にあって3000貫文を領したが,天正(てんしょう)18年信雄が豊臣秀吉により除封されたため,在所丹羽郡前野村に蟄居(ちっきょ)した。慶長6年9月13日死去。76歳。通称は孫九郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android