コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前野雄吉 まえの かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前野雄吉 まえの-かつよし

1526-1601 戦国-織豊時代の武将。
大永6年生まれ。前野宗康(むねやす)の長男。前野長康(ながやす)の兄。織田信長につかえ,尾張(おわり)(愛知県)春日井郡柏井の小坂(おざか)氏の名跡をつぎ,織田信雄(のぶお)の守り役となる。吉田城にあって3000貫文を領したが,天正(てんしょう)18年信雄が豊臣秀吉により除封されたため,在所丹羽郡前野村に蟄居(ちっきょ)した。慶長6年9月13日死去。76歳。通称は孫九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前野雄吉の関連キーワード小坂雄吉吉田雄翟

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android