コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前野長康 まえの ながやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前野長康 まえの-ながやす

1528-1595 戦国-織豊時代の武将。
享禄(きょうろく)元年生まれ。前野宗康の次男。前野雄吉(かつよし)の弟。木下藤吉郎(豊臣秀吉)につかえる。墨俣(すのまた)築城,四国攻め,小田原攻めなどでの功により,天正(てんしょう)13年但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)6万石の城主となった。謀反の罪にとわれた豊臣秀次の事件に連座し,文禄(ぶんろく)4年10月19日子の景定とともに切腹。68歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は将右衛門,但馬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

前野長康の関連キーワード有子山城出石藩享禄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android