コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小坂 おさか

5件 の用語解説(小坂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小坂
おさか

岐阜県中東部,益田川の上流域にある地区。旧町名。 1898年町制。 2004年3月萩原町はじめ3町1村と合併し,下呂市となった。山林が広く,大半は国有林。ヒノキ,ヒバ,サワラなどの天然林が東の御嶽山山麓に分布。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こざか【小坂】

ちょっとした坂。あまり険しくない坂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小坂
おさか

岐阜県中東部、益田(ました)郡にあった旧町名(小坂町(ちょう))。現在は下呂(げろ)市の北東部を占める一地域。1898年(明治31)町制施行。2004年(平成16)萩原(はぎわら)、下呂、金山(かなやま)の3町および馬瀬(まぜ)村と合併、市制施行して下呂市となる。旧小坂町は、小坂川が飛騨(ひだ)川(益田川)に注ぐ地点を中心とし、町並みは飛騨川東岸の段丘上にあって街村状に発達する。全面積の97%が山林で、広大な国有林を抱え、国有林事業に依存する者が多い。県内有数の木材の産地だが、ヒノキの造林地は特別天然記念物のニホンカモシカの食害による大きな被害を受け、1980年代には捕獲対策も打ち出された。JR高山本線が通じ、飛騨小坂駅は木曽ヒノキなどの積出し駅で、御嶽(おんたけ)山登山口にあたる。国道41号が走る。区域は御嶽山頂に達し、標高約1800メートルの山腹に濁河(にごりご)温泉、山麓(さんろく)に下島(したじま)、湯屋(ゆや)の温泉があり、3温泉は国民保養温泉地(小坂温泉郷)に指定されている。また、小坂は根尾の滝をはじめ、滝が多いことで知られている。小坂郷土館もある。[上島正徳]
『『岐阜県小坂町誌』(1965・小坂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小坂の関連キーワード美濃下呂[町]萩原[町]益田[市]岐阜県中津川市上野下呂〈町〉萩原〈町〉馬瀬〈村〉明宝〈村〉馬瀬[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小坂の関連情報