小坂(読み)おさか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小坂
おさか

岐阜県中東部,益田川の上流域にある地区。旧町名。 1898年町制。 2004年3月萩原町はじめ3町1村と合併し,下呂市となった。山林が広く,大半は国有林。ヒノキ,ヒバ,サワラなどの天然林が東の御嶽山山麓に分布。江戸時代は幕府所有,明治以後官有林,御料林,第2次世界大戦後は国有林と変遷。中心集落の小は 1934年の高山本線開通以来,製炭,製材,木材搬出地として発展。大きな貯木場がある。林業就業者が多い。飛騨小坂駅は御嶽登山,濁河温泉湯屋温泉,下島温泉への玄関口。スキー場,キャンプ場などもある。国道 41号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小坂
おさか

岐阜県中東部、益田郡(ましたぐん)にあった旧町名(小坂町(ちょう))。現在は下呂(げろ)市の北東部を占める一地域。1898年(明治31)町制施行。2004年(平成16)萩原(はぎわら)、下呂、金山(かなやま)の3町および馬瀬(まぜ)村と合併、市制施行して下呂市となる。旧小坂町は、小坂川が飛騨(ひだ)川(益田川)に注ぐ地点を中心とし、町並みは飛騨川東岸の段丘上にあって街村状に発達する。全面積の97%が山林で、広大な国有林を抱え、国有林事業に依存する者が多い。県内有数の木材の産地だが、ヒノキの造林地は特別天然記念物のニホンカモシカの食害による大きな被害を受け、1980年代には捕獲対策も打ち出された。JR高山本線が通じ、飛騨小坂駅は木曽ヒノキなどの積出し駅で、御嶽(おんたけ)山登山口にあたる。国道41号が走る。区域は御嶽山頂に達し、標高約1800メートルの山腹に濁河温泉(にごりごおんせん)、山麓(さんろく)に下島(したじま)、湯屋(ゆや)の温泉があり、3温泉は国民保養温泉地(小坂温泉郷)に指定されている。また、小坂は根尾の滝をはじめ、滝が多いことで知られている。小坂郷土館もある。[上島正徳]
『『岐阜県小坂町誌』(1965・小坂町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おさか をさか【小坂】

岐阜県下呂(げろ)市の地名。益田川と小坂川の合流点にあり、高山本線が通じる。御嶽山(おんたけさん)の登山口。

こ‐ざか【小坂】

〘名〙 小さい坂。ちょっとした坂。けわしくない坂。
※今昔(1120頃か)一六「金尾丸、穴の方に立て引き入むと為るを、少し小坂なるに、去様(のきざま)に金尾丸を強く突けば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小坂の関連情報