コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副島勇七 そえじま ゆうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

副島勇七 そえじま-ゆうしち

?-1801* 江戸時代中期-後期の陶工。
肥前佐賀藩の御用窯の大川内(おおかわち)窯につとめる。ろくろ細工の名人。藩の役人と折り合いがわるく,伊予(いよ)(愛媛県)砥部(とべ)(尾張(おわり)瀬戸とも)に逃亡。磁器製作の秘法を藩外にもらしたとして寛政12年12月28日処刑されたという。久米勇七ともつたえられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

副島勇七の関連キーワード陶工

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android