コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副甲状腺ホルモン フクコウジョウセンホルモン

デジタル大辞泉の解説

ふくこうじょうせん‐ホルモン〔フクカフジヤウセン‐〕【副甲状腺ホルモン】

副甲状腺から分泌されるホルモン。血液中のカルシウムの濃度を維持する作用があり、に働いてカルシウムを放出させ、腎臓に働いてその再吸収を亢進(こうしん)させる。上皮小体ホルモンパラソルモンパラトルモンPTHparathormone)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の副甲状腺ホルモンの言及

【副甲状腺】より

…甲状腺の左右両葉の背面に上下2対の計4個(ときに5個以上)存在する米粒大の内分泌器官である。小さな器官ではあるが,副甲状腺ホルモンを分泌し,体内のカルシウムCaやリンPの代謝の調節にあずかるたいせつな器官である。発生学的には内胚葉性で,四つのうち上の二つは第4鰓囊(さいのう)の上皮に,下の二つは第3鰓囊の上皮に由来する。…

【ホルモン】より

…両生類の変態を促進する。(4)副甲状腺ホルモン 上皮小体ホルモンあるいはパラトルモンともいわれ,84個のアミノ酸からなる。このうち1から34までのアミノ酸配列のものでも同じ作用をもつ。…

※「副甲状腺ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

副甲状腺ホルモンの関連情報