傍題(読み)ボウダイ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐だい〔バウ‐〕【傍題】

《古くは「ほうだい」か》
主な標題に添えて補足的につけられた題。副題。サブタイトル。
和歌・連歌・俳諧で、題として主に詠むべきものからはずれて、他のものを詠むこと。病(やまい)として嫌う。
「明月の題を得て、中秋の月を作せば―ならん」〈去来抄・故実〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうだい【傍題】

〔古くは「ほうだい」〕
副題。サブタイトル。
和歌・連歌・俳諧で、中心となるべき主題材をさしおいて、二次的な題材を重視して詠むこと。傍題を犯すなど避けるべきこととされた。
本題からはずれること。 「成程そりやあ妙だ、少し-にはなるが/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐だい バウ‥【傍題】

〘名〙
① 和歌・連歌・俳句で、病(やまい)として嫌う一種の体。ある題で主として詠むべき事物をさしおいて、題に添えた事物を中心として詠むこと。また、両者を同一の位置において詠むもの。
※仁安二年八月太皇太后宮亮経盛歌合(1167)「そもそも傍はよまぬことなりとや申す人もあれど」
② 歌などで、数多く詠む中に同じ事のあること。
※近来風体(1387)「歌の傍題と申す事は、〈略〉又歌かずをよむに同事のあるをも傍題と申すなり」
③ (①から転じて) 本題をはずれること。目的がずれること。
滑稽本・八笑人(1820‐49)四「すこし傍題(ハウダイ)にはなるが」
④ 書物・論文などの副表題。副題。サブタイトル
※敗北の文学(1929)〈宮本顕治〉三「この作品には、『ある精神的風景画』と云ふ傍題がそへられてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android