剴切(読み)ガイセツ

  • ×剴切

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (「剴」は斧(おの)や鎌(かま)、また、それをものに近づけて切ること) よくあてはまること。非常に適切なこと。真相に近いこと。また、そのさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「この二論いづれも剴切(〈注〉ハッキリ)響亮なるを覚ゆ」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「実に肯綮(こうけい)に中(あた)った剴切な御考へで」 〔新唐書‐魏徴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android