コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇場法(読み)ゲキジョウホウ

デジタル大辞泉の解説

げきじょう‐ほう〔ゲキヂヤウハフ〕【劇場法】

《「劇場音楽堂等の活性化に関する法律」の略称》文化芸術振興基本法の基本理念に基づいて、劇場・音楽堂・文化ホールなどの機能を活性化し、音楽・舞踊・演劇・伝統芸能・演芸の水準の向上と振興を図るために制定された法律。劇場・音楽堂等の事業、関係団体および国・地方公共団体の役割、基本的施策などについて定めている。平成24年(2012)施行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劇場法の関連情報