コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉大かい りゅうだいかいLiu Da-kuai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉大かい
りゅうだいかい
Liu Da-kuai

[生]康煕37(1698)
[没]乾隆44(1779)
中国,清の文学者。安徽省桐城県の人。字,才甫,耕南。号,海峰。官吏としては不遇で,晩年に安徽省い県の教諭となった。康煕の末頃,同郷の先輩方苞にその文を認められ,またのち同郷の後輩姚 鼐 (ようだい) の師となり,ともに古文に一派をなして,その出身地によって桐城派と呼ばれた。その主張はやや方苞と異なり,『荘子』や『楚辞』などを愛し,また「神気」を主とし,音調を重んじ,素朴,古淡な味を尊んでいる。主著『論文偶記』 (1巻) ,『海峰詩集』 (11巻) ,『海峰文集』 (8巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

劉大かいの関連キーワード古文辞類纂程晋芳安徽省姚鼐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android