コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姚鼐 ようだいYao Nai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姚鼐
ようだい
Yao Nai

[生]雍正9(1731)
[没]嘉慶20(1815)
中国,清の学者。安徽省桐城県の人。字,姫伝。号,惜抱先生。乾隆 28 (1763) 年の進士。官は刑部郎中にいたった。『四庫全書』の纂修官もつとめ,また江寧揚州などの地方の書院の長を歴任した。同郷の先輩劉大かいから文章を学び,桐城派の中心作家となるとともに,宋学と考証学とをともに取入れたその理論を集大成した。古今名文を集めた『古文辞類纂』の編著のほか,『惜抱軒文集』『九経説』などの著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐だい〔エウ‐〕【姚鼐】

[1731~1815]中国、清の文人。桐城(安徽(あんき)省)の人。字(あざな)は姫伝。号、惜抱(せきほう)。文を劉大櫆(りゆうだいかい)に学び、古文の桐城派を大成。考証詞章によって義理を明らかにすることを文章の目標とし、「古文辞類纂」を編んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ようだい
(1731―1815)

中国、清(しん)代中期の古文作家、学者。字(あざな)は姫伝(きでん)、号は惜抱(せきほう)。方苞(ほうほう)・劉大(りゅうたいかい)と同じく安徽(あんき)省桐城(とうじょう)の出身。1763年(乾隆28)の進士。翰林院(かんりんいん)庶吉士、編修を経て刑部郎中に至った。『四庫全書』纂修(さんしゅう)官をもって辞任し、以降各地の書院において学を講じ、桐城派古文の学統を継承発展させた。出藍(しゅつらん)の誉(ほまれ)が高く、文章は方苞より優れ、儒学は劉大より深いと評されるようになった。時代の実証主義的傾向、とくに漢学派との調和を図り、義理・考証・文章の三者の総合学への方向へ傾いている。帰有光や方苞にみられた狭さを目ざす方向からの転換である。文章の理想を平淡に置き、なだらかで地味な表現を好んだ。『惜抱軒文集』16巻、『詩集』10巻のほか、『古文辞類纂(こぶんじるいさん)』74巻の編がある。[佐藤一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の姚鼐の言及

【古文辞類纂】より

…中国の古典散文の選集。清の姚鼐(ようだい)の編集。1779年(乾隆44)に完成した。…

【中国文学】より

… 清朝でも古文の勢力は衰えなかった。その主流は桐城(とうじよう)派とよばれ,開祖とされるのは方苞(ほうほう)で,姚鼐(ようだい)がこれを盛んにした。この派は帰有光の文を高く評価する。…

【桐城派】より

…中国,清代古文の一派,また最大の文学流派名。安徽省桐城県出身の方苞(ほうほう)が基礎をつくり,継承者の劉大櫆(りゆうだいかい),姚鼐(ようだい)がいずれも同県出身のために,この名がある。明代の唐・宋派の系譜に立ち,宋学の学統を守る〈道の文学〉を目指して文章の〈義法〉,すなわち内面的理法と外形的法則の調和を説き,簡潔で質実な文章を書いた。…

※「姚鼐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姚鼐の関連キーワード佐藤一郎方東樹題跋進士嘉慶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android