コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方苞 ほうほうFang Bao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方苞
ほうほう
Fang Bao

[生]康煕7(1668)
[没]乾隆14(1749)
中国,清の文学者。安徽省桐城県の人。字,霊皋 (れいこう) 。号,望渓。康煕 45 (1706) 年進士に及第,同 50年筆禍事件に連座し奴隷の身分に落された。のち許され翰林院侍講学士,礼部侍郎に進み,乾隆7 (42) 年官を退いて帰郷,82歳で没した。特に「義法」「文律」の説を唱え,儒教の理念を重んじ,華麗と卑俗を排して簡潔で典雅な文章を主張,同郷の後輩劉大かい (りゅうだいかい) ,姚 鼐 (ようだい) らがそれを唱道したので,やがて桐城派と呼ばれる一派となり,その開祖と称された。主著『礼記析疑 (せきぎ) 』 (48巻) ,『儀礼析疑』 (17巻) ,『望渓先生文集』 (30巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうほう【方苞 Fāng Bāo】

1668‐1749
中国,清代の文学者。字は霊皋(れいこう),号は望渓。本籍は安徽省桐城県であるが曾祖父の代より,江寧府上元県(南京市)に住む。清代最大の文学流派である桐城派古文の創始者。父の方仲舒は明の遺老銭澄之,杜濬(としゆん)らの詩人と親しい詩人であり,兄の方舟は八股文の名手である。しかし進士及第したのは1706年(康熙45),すでに数えの39歳になってからである。代表的な〈文字(もんじ)の獄〉の一つの南山集事件に連座入獄し,〈獄中雑記〉を執筆した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方苞
ほうほう
(1668―1749)

中国、清(しん)代の学者、古文作家。字(あざな)は霊皋(れいこう)、号は望渓(ぼうけい)。安徽(あんき)省桐城(とうじょう)県が本籍だが、曽祖父(そうそふ)の代からは江寧(こうねい)府上元県に住む。父の仲舒(ちゅうじょ)(1638―1707)は詩をよくし、明(みん)の遺老たちと交遊した。兄舟も八股文(はっこぶん)の名手で、自珍(きょうじちん)に影響を与えている。1706年(康煕45)の進士。文字の獄、南山集事件に連座し、ようやくにして死を免れ、のち官は礼部侍郎に至った。明の帰有光の唐宋(とうそう)派を継承して、桐城派古文の義法理論を確立。義とは文章の内容が宋学の精神に背かないことを意味し、法とはその形式が古文家の法度にもとらないことを意味する。彼の文章は素朴で簡潔である。礼の学に力を入れ、『礼記析疑』『儀礼析疑』がある。文集には『望渓文集』『望渓文集外文』『望渓文集外文補遺』がある。[佐藤一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の方苞の言及

【中国文学】より

… 清朝でも古文の勢力は衰えなかった。その主流は桐城(とうじよう)派とよばれ,開祖とされるのは方苞(ほうほう)で,姚鼐(ようだい)がこれを盛んにした。この派は帰有光の文を高く評価する。…

【桐城派】より

…中国,清代古文の一派,また最大の文学流派名。安徽省桐城県出身の方苞(ほうほう)が基礎をつくり,継承者の劉大櫆(りゆうだいかい),姚鼐(ようだい)がいずれも同県出身のために,この名がある。明代の唐・宋派の系譜に立ち,宋学の学統を守る〈道の文学〉を目指して文章の〈義法〉,すなわち内面的理法と外形的法則の調和を説き,簡潔で質実な文章を書いた。…

※「方苞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

方苞の関連キーワード古文辞類纂佐藤一郎李きょう全祖望劉大櫆もんじ万斯同姚鼐何焯義法