コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐城派 とうじょうはTong-cheng pai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桐城派
とうじょうは
Tong-cheng pai

中国,清の散文の一派。提唱者の方苞 (ほうほう) ,継承者劉大かい (りゅうだいかい) ,姚 鼐 (ようだい) がすべて安徽省の桐城県の人なのでこの名がある。いわゆる唐,宋の古文を宗とし,内容と形式の一致を説き,質実,簡潔で高い格調を理想とするもので,姚 鼐がその模範文を『古文辞類纂』に編集し,その後も方東樹曾国藩ら後継者を得て,清の中期以降民国初期まで文壇の主流を保ち続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうじょう‐は〔トウジヤウ‐〕【×桐城派】

中国、清代の文章家の一派。安徽(あんき)省桐城県出身の方(ほうほう)に始まり、劉大櫆(りゅうだいかい)を経て姚鼐(ようだい)に至って大成。唐宋の古文を規範として文章の典雅さを尊んだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうじょうは【桐城派 Tóng chéng pài】

中国,清代古文の一派,また最大の文学流派名。安徽省桐城県出身の方苞(ほうほう)が基礎をつくり,継承者の劉大櫆(りゆうだいかい),姚鼐(ようだい)がいずれも同県出身のために,この名がある。明代の唐・宋派の系譜に立ち,宋学の学統を守る〈道の文学〉を目指して文章の〈義法〉,すなわち内面的理法と外形的法則の調和を説き,簡潔で質実な文章を書いた。劉大櫆は方苞に師事し,〈義法〉理論を拡大し,文章は〈神気〉である精神を主として,気分はこれを輔(たす)けると説き,文字の音調も重んじた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうじょうは【桐城派】

〔中国、安徽あんき省桐城の文人、方苞ほうほうが首唱したことから〕
清代の古文家の一派。「唐宋八大家」の古文を理想とし、温雅で平易な中に格調を守ることを旨とし、清朝文壇の中心勢力をなした。劉大櫆りゆうだいかい・姚鼐ようだいなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桐城派
とうじょうは

中国、清(しん)代におこった古文の流派。「どうじょうは」ともいう。清代中期に方苞(ほうほう)、劉大(りゅうたいかい)が主張し、姚(ようだい)によって集大成された文章理論を信奉する一派。方・劉・姚がみな安徽(あんき)省桐城県の人であるため、この名がついた。その理論は、直接的には明(みん)の帰有光(きゆうこう)の説を継承し、唐宋(とうそう)八家の古文に連なるが、新たに儒教理念を内容とする「義」と、俗語や麗辞を排して質実な文を書くべきだとする「法」とを重視した義法説を唱えた。当時の漢学家の訓詁(くんこ)と駢文(べんぶん)家の修辞に反対して、厳格なまでに文章の典雅さを追求した。姚が『古文辞類纂(こぶんじるいさん)』75巻を編んで古今の古文の模範を集めたほか、数多くの古文の選集が編纂された。この典雅と平淡を尊ぶ主張は実用性とも相まって人々に歓迎され、清末のみならず民国に入っても大きな力を保っていたが、民国初年の文学革命で打倒の対象となった。[佐藤 保]
『青木正児著『清代文学評論史』(1950・岩波書店/『青木正児全集1』所収・1969・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の桐城派の言及

【中国文学】より

… 清朝でも古文の勢力は衰えなかった。その主流は桐城(とうじよう)派とよばれ,開祖とされるのは方苞(ほうほう)で,姚鼐(ようだい)がこれを盛んにした。この派は帰有光の文を高く評価する。…

【陽湖派】より

…中国,清代の文学流派。清代最大の古文の流派である桐城派の支派。劉大櫆(りゆうだいかい)より古文を学んだ江蘇省陽湖の惲敬(うんけい)および陸継輅(りくけいらく),考証学と兼修した同じく陽湖の張恵言(ちようけいげん)らが主唱した。…

※「桐城派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桐城派の関連キーワード唐宋八大家青木正児帰有光章士釗黎庶昌張恵言呉汝綸陽湖派文人惲敬曾鞏林紓何焯厳復

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android