コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉復 りゅうふくLiu Fu

3件 の用語解説(劉復の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉復
りゅうふく
Liu Fu

[生]光緒17(1891)
[没]1934
中国の言語学者,民俗学者,文学者。江蘇省淮陰の人。字,半農。初め小説を書いていたが,フランスに留学,言語学を修め,帰国後北京大学をはじめ多くの大学で教えた。方言調査旅行中に病没。言語学の分野で多くの著があるほか,詩,随筆を発表,周作人,兪平伯らと北京文壇で活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉復
りゅうふく / リウフー
(1891―1934)

中国、文学革命期の作家、言語学者。江蘇(こうそ)省江陰県の人。字(あざな)は半農。五・四運動の中心的雑誌『新青年』の編集に参加。1917年北京(ペキン)大学予科国文教授となり、中国語法研究を進める一方、白話(はくわ)詩運動にも熱心に加わり『揚鞭(ようべん)集』(1916)を出している。20年ヨーロッパに留学し敦煌(とんこう)学研究を進め、また音声学を学び、『四声実験録』を著した。フランスの国家文学博士の学位を得て25年に帰国、北京大学国文系教授となる。34年夏、内モンゴル一帯の方言調査に加わった際、回帰熱にかかり協和医院で死去。進歩的青年として『新青年』に登場してから晩年保守化していくまでを、劉復の没後に魯迅(ろじん)が『憶劉半農君』(『且介亭(そかいてい)雑文』所収)で感慨深く追悼している。[藤井省三]
『『且介亭雑文』(『魯迅選集11』所収・1964・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

劉復の関連キーワードアドバルーン上高地紀勢本線長崎本線テンプル日本製鉄ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストンマキシモヴィッチ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone