雑文(読み)ザツブン

精選版 日本国語大辞典の解説

ざつ‐ぶん【雑文】

〘名〙 これといった、まとまった内容のない文章。専門的でない、軽く書き流した文章。また、これらの文章をさげすんでいったり、自分の文章を卑下していったりする。
※兄の立場(1926)〈川崎長太郎〉三「雑文でとった事のある原稿料の味を知ってゐる私には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑文の関連情報