コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉表 りゅうひょうLiú Biǎo

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひょう【劉表 Liú Biǎo】

?‐208
中国,後漢末の群雄の一人。字は景升。高平(山東省鄒県南西)の人。漢の景帝の子,魯恭王劉余の子孫。若くして八顧とよばれ,有徳者の一人に数えられた。190年(初平1)に荆州刺史となると宗賊(江南の反体制勢力)を平定して江南を支配し,その勢力は南の零陵,桂陽まで及んだ。官渡の戦では袁紹曹操のいずれにも荷担せずに観望していたが,201年(建安6)に劉備が頼ってきたことから曹操との関係は悪化,208年曹操軍の来襲を目前にして劉表は病死し,子の琮(そう)は荆州をあげて曹操に下った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

劉表の関連キーワード呉(三国)赤壁の戦い諸葛孔明赤壁の戦諸葛亮玄学黄忠王粲徐庶甘寧賈詡襄樊孫堅袁術

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劉表の関連情報