コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉表 りゅうひょう Liú Biǎo

1件 の用語解説(劉表の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうひょう【劉表 Liú Biǎo】

?‐208
中国,後漢末の群雄の一人。字は景升。高平(山東省鄒県南西)の人。漢の景帝の子,魯恭王劉余の子孫。若くして八顧とよばれ,有徳者の一人に数えられた。190年(初平1)に荆州刺史となると宗賊(江南の反体制勢力)を平定して江南を支配し,その勢力は南の零陵,桂陽まで及んだ。官渡の戦では袁紹,曹操のいずれにも荷担せずに観望していたが,201年(建安6)に劉備が頼ってきたことから曹操との関係は悪化,208年曹操軍の来襲を目前にして劉表は病死し,子の琮(そう)は荆州をあげて曹操に下った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

劉表の関連キーワード袁紹後漢孔融釈名孫堅張角魏晋南北朝時代群雄通俗三国志曹操(155~220)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone