劉辰翁(読み)りゅうしんおう(英語表記)Liu Chen-weng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉辰翁
りゅうしんおう
Liu Chen-weng

[生]紹定4(1231)
[没]至元31(1294)
中国,宋末の学者,詞人。廬陵 (江西省) の人。字,会孟。権臣の賈似道を鋭く攻撃し,宋滅亡後は僧侶となって終った。そのはあまり彫琢に意を用いず,憂世の志を真率に流露した作が多く,沈痛な趣をもつ。主著『須渓集』 (7巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android