コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫琢 チョウタク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐たく〔テウ‐〕【彫×琢】

[名](スル)
宝石などを、加工研磨すること。
「たとえ小粒でも適当な形に加工―したものは燦然(さんぜん)として」〈寅彦・自由画稿〉
詩文などを練り上げること。
「字句を修飾したり、―したりした痕跡は」〈漱石・趣味の遺伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうたく【彫琢】

( 名 ) スル
宝石などをきざみみがくこと。 「美しく-された指輪」
詩や文章を推敲し、立派なものにすること。 「入念に-された文章」
美しく磨きあげる。 「小説は自然を-する/虞美人草 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

彫琢の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥ルビンシテイン、アントン:ドレスデンの思い出、6つの小品/piano solo卓・宅・度・托・択・拓・擇・柝・沢・澤・琢・磔・託・謫・鐸パーソンズ(Talcott Parsons)ロゾー(Albert Lozeau)カラス(Maria Callas)ハインリヒ・フォン・モールンゲンヤロスワフ イワシュケーヴィッチピエール・ド・マンディアルググラシアン・イ・モラーレスポスト・ケインジアンマックス リュヒナーバラトゥインスキーマンデリシタムラブクラフトベートーベンレオパルディボバリー夫人A. ロゾーフローベール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彫琢の関連情報