コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫琢 チョウタク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐たく〔テウ‐〕【彫×琢】

[名](スル)
宝石などを、加工研磨すること。
「たとえ小粒でも適当な形に加工―したものは燦然(さんぜん)として」〈寅彦・自由画稿〉
詩文などを練り上げること。
「字句を修飾したり、―したりした痕跡は」〈漱石・趣味の遺伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうたく【彫琢】

( 名 ) スル
宝石などをきざみみがくこと。 「美しく-された指輪」
詩や文章を推敲し、立派なものにすること。 「入念に-された文章」
美しく磨きあげる。 「小説は自然を-する/虞美人草 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彫琢の関連情報