力を付ける(読み)ちからをつける

大辞林 第三版の解説

ちからをつける【力を付ける】

実力をつける。 「この一年でだいぶ-・けてきた」
力づける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから【力】 を 付(つ)ける

① 体、気力、学力、また、職業人としての実力などを向上させ、たしかなものにする。「若手が最近力を付けてきた」
※平家(13C前)九「えいえい声をしのびにして、馬にちからをつけておとす」
※血を吐く(1925)〈葛西善蔵〉「宿の主人は斯う繰返して力を附けて呉れたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力を付けるの関連情報