コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力石痴々 ちからいし ちち

1件 の用語解説(力石痴々の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

力石痴々 ちからいし-ちち

1641-1693 江戸時代前期の儒者。
寛永18年生まれ。伊賀(いが)(三重県)の人。常陸(ひたち)水戸藩主徳川光圀(みつくに)につかえ右筆(ゆうひつ)として彰考館にはいる。彰考館印を考案し,「図像略伝」や「篆字類纂」をあらわした。元禄(げんろく)6年死去。53歳。名は忠一。字(あざな)は叔貫。通称は勘助(介)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

力石痴々の関連キーワードコリャード照山修理平戸オランダ商館吉良義央詩仙堂星室庁泉岳寺三筋町霊巌オランダ商館

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone