コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加法混色 かほうこんしょく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

加法混色

色を光の3原色と呼ばれる、R(赤)、G(緑)、B(青)の3色の組み合わせで表現したカラーモデルディスプレイでの画面表示に用いられる。3つの色を混ぜ合わせると、白色になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

加法混色【かほうこんしょく】

二つ以上の異色光を混合して他の色光を得ること。白いスクリーンに同時に照射する,混色円板(円板上に異なる色の扇形面を配置したもの)を速く回転する,肉眼で見分けられない微細な色斑をモザイク的に散布する(カラーテレビの場合)等の方法がある。
→関連項目RGB

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の加法混色の言及

【色】より

…また(R),(G),(B)の三つの色を原刺激と名付けている。
[加法混色と減法混色]
 ここで原刺激を重ね合わせるということについて説明しておかなければならない。これは赤,緑,青の光を出す三つの別々のプロジェクターを使い,同じところに投影して白いスクリーンの上に光を文字どおり重ね合わせて混ぜることである。…

※「加法混色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加法混色の関連キーワードオストワルト表色系色調等価の法則プロセスカラーCIE表色系カラー映画色度図三原色原色補色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android