コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減法混色 げんほうこんしょく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

減法混色

C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)の色の3原色の組み合わせで表現されるカラーモデル。印刷物などに用いられる。黒色は、理論上はこの3色を混ぜ合わせて作成できるが、実際の印刷物の上では再現がむずかしいため、K(ブラック)を加えて表現する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

減法混色【げんぽうこんしょく】

色フィルターや絵具等特定の色光を吸収する物質を重ね合わせ,吸収されずに残った光により別の色を得ること。カラーフィルム,水彩画等に利用される。原色にはふつうシアン(スペクトルの赤部を吸収),マゼンタ(緑部を吸収),黄(青紫部を吸収)の3色を使う。
→関連項目原色版多色印刷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の減法混色の言及

【色】より

…また(R),(G),(B)の三つの色を原刺激と名付けている。
[加法混色と減法混色]
 ここで原刺激を重ね合わせるということについて説明しておかなければならない。これは赤,緑,青の光を出す三つの別々のプロジェクターを使い,同じところに投影して白いスクリーンの上に光を文字どおり重ね合わせて混ぜることである。…

※「減法混色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

減法混色の関連キーワードプロセスカラーCIE表色系色度図減色法三原色RGB補色混色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android