コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納久徴 かのう ひさあきら

1件 の用語解説(加納久徴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納久徴 かのう-ひさあきら

1813-1864 江戸時代後期の大名。
文化10年生まれ。加納久儔(ひさとも)の長男。天保(てんぽう)13年(1842)上総(かずさ)(千葉県)一宮藩主加納家2代となる。大番頭(ばんがしら),講武所総裁をへて奏者番に転じ,文久元年若年寄にすすんだ。元治元年3月22日死去。52歳。通称は玖次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加納久徴の関連キーワードペグマタイト元治真木和泉ドゥーフ伴林光平真木和泉岡部長常藤堂高猷伴林光平山田宇右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加納久徴の関連情報