加納久徴(読み)かのう ひさあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納久徴 かのう-ひさあきら

1813-1864 江戸時代後期の大名。
文化10年生まれ。加納久儔(ひさとも)の長男。天保(てんぽう)13年(1842)上総(かずさ)(千葉県)一宮藩主加納家2代となる。大番頭(ばんがしら),講武所総裁をへて奏者番に転じ,文久元年若年寄にすすんだ。元治元年3月22日死去。52歳。通称は玖次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android